補助金・助成金

助成金とは、国や地方自治体が経営や雇用の安定化のために設けている制度です。一般的には会社を設立したり、人を雇ったりする際に出る場合が多いです。
平たく言って返さなくても良いお金なのです。

大きく分けると経済産業省系のものと厚生労働省のものがあります。一般的に前者を補助金、後者を助成金ということが多いようです。

この補助金・助成金ですが、企業によって十二分に活用しているところとみすみす逃しているところがあります。
なぜ活用できていないのか?

助成金申請には、マッチする条件とタイミングという2つの要素があります。
つまり計画段階(会社設立や雇い入れ)で、数多くある助成金の内容を理解して、適切な時期に申請する必要があるのです。
さらには助成金がもらえるように計画自体を修正する「攻めの助成金攻略」も必要になってくるかもしれません。

ここで専門家の出番です。
中小企業支援センターでは助成金に強い社会保険労務士と提携し、適切な助成金を適切なタイミングでご案内することが出来ます。
また当センターの会社設立サービスで、会社を設立された方にはもれなく無料で助成金のアドバイスをさせていただきます。

新たに人を雇い入れる場合でも事前にご相談いただければ、完全成果報酬にて助成金申請のお手伝いをさせていただきます。

詳しくは助成金申請代行ページをご覧下さい。